プロジェクトページ「次世代タクシー配⾞アプリ MOV《モブ》」が公開されました

プロジェクトページ「次世代タクシー配⾞アプリ MOV《モブ》」が公開されました。

「MOV」 は、AI を活⽤する次世代タクシー配⾞アプリです。2018年12⽉5⽇現在、神奈川県および東京都を対象エリアとしています※1。今後、各地のタクシー事業者と連携し、都市圏を中心に順次全国各地へと拡大していく予定です。

※1 :⼀部地域を除く

「MOV」には AI を活⽤する「需要予測システム」を開発中です。運⾏中のタクシー⾞両から収集するプローブデータ(⾃動⾞が⾛⾏した位置や⾞速などの情報を⽤いて⽣成された道路交通情報)とタクシー需要に関連する各種データ(気象、公共交通機関の運⾏状況、イベント、商業施設などのPOI 情報、道路ネットワーク構造など)を解析し、乗務員へリアルタイムかつ個別に⾛⾏ルートを推薦する予定です。

AIシステム部では、AI を活⽤する「需要予測システム」に研究開発メンバーの一員として取り組んでいます。ぜひ、ご一読ください。