「MOV」 は、AI を活⽤する次世代タクシー配⾞アプリです。2018年12⽉5⽇現在、神奈川県および東京都を対象エリアとしています※1。今後、各地のタクシー事業者と連携し、都市圏を中心に順次全国各地へと拡大していく予定です。
次世代タクシー配⾞アプリ「MOV」は、対応する乗務員専⽤端末とセットで、タクシーの配⾞をスムーズに⾏えるサービスです。乗客は、アプリで予想到着時間を事前に確認した上で指定の場所へタクシーの配⾞依頼を⾏うことが可能です。周辺を⾛⾏中のタクシーがリアルタイムに可視化されて表⽰されるため、空⾞⾛⾏中のタクシーを簡単に確認することもできます。その上、迎⾞地点で乗客と乗務員が効率よく出会えるよう、お互いの現在地を確認できる機能や定型メッセージを送り合える機能を実装しています。また、⾞内決済のほか、全⾞両でネット決済に対応し、事前のクレジットカード登録で降⾞時の煩わしい⽀払い・領収書受け取り等の⼿続きが不要で、⽬的地に到着と同時にスムーズな降⾞が可能です。
※1 :⼀部地域を除く

「MOV」には AI を活⽤する「需要予測システム」を開発中です。運⾏中のタクシー⾞両から収集するプローブデータ(⾃動⾞が⾛⾏した位置や⾞速などの情報を⽤いて⽣成された道路交通情報)とタクシー需要に関連する各種データ(気象、公共交通機関の運⾏状況、イベント、商業施設などのPOI 情報、道路ネットワーク構造など)を解析し、乗務員へリアルタイムかつ個別に⾛⾏ルートを推薦する予定です。

プロジェクトメンバー

半田 豊和

Toyokazu
Handa

システム本部
AIシステム部

2010年中途入社。前職はアドテク系スタートアップにて、コンテンツマッチ広告や検索連動広告の配信システムの開発に従事。DeNAではデータ分析による新規事業立ち上げを支援や、AI技術の事業応用をリードするなど、AI技術と事業部を行き来しながらプロジェクトを推進する役割を担う。現在はMOVに参加。プロダクト応用にむけた研究開発のロードマップの策定などを行なっている。

益子 遼介

Ryosuke
Mashiko

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

2012年新卒入社、2015年より分析基盤及び機械学習関連業務に従事。分散処理基盤チームにおいて、DeNAのHadoop基盤の開発運用を行う。現在はMOVチームにおいて、大規模ログ収集基盤の設計、開発とともに、プロダクト向けの機械学習アプリケーションの開発を行っている。東京大学大学院工学系研究科修士。

加納 龍一

Ryuichi
Kano

システム本部
AIシステム部データサイエンスグループ
Kaggle Master

前職では動画圧縮アルゴリズムの世界標準化活動に従事する傍ら、単身でKaggleに参戦してきた。2018年6月よりDeNAに入社し、広告効果予測コンペでの金メダルや貸し倒れ予測コンペでの金メダルなど、上位実績を収めている。主に、オートモーティブ事業への機械学習活用へ向けた開発を行なっている。

春日 瑛

AKIRA KASUGA

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

2017年新卒入社。学生時代はデータマイニングを中心とした意思決定支援システムの研究を行っていた。海外ラリーにチームで出場し優勝するほどのクルマ好き。現在は、主にオートモーティブ事業部におけるアルゴリズムの研究開発を担っている。

赤羽根 正則

Masanori
Akabane

システム本部
AIシステム部 分析基盤グループ

大学卒業後、インメモリデータベースや分散データベースなど最先端技術を使ったデータベースプロダクト開発やHadoopなどの分散処理基盤を使った大規模環境のシステム構築に従事。 2017年9月よりDeNAにて、Hadoop等を使用した分析基盤やAI基盤の開発、運用を行なっている。

織田 拓磨

Takuma Oda

オートモーティブ事業本部
基幹システム開発部
MIグループ

大学院卒業後、鉄道会社にて信号制御、位置検知システム等の設計、技術開発に携わる。2015-2017年にカーネギーメロン大学の修士プログラムにて人工知能の交通分野への応用研究に従事。2017年6月より、DeNAにてモビリティサービスに向けたアルゴリズムの開発を行なっている。

橘 ゆりあ

Yulia (Yu)
Tachibana

オートモーティブ事業本部
基幹システム開発部
MIグループ

2018年03月にDeNAに入社。ミシガン大学で応用物理(複雑系学)と計算神経科学を専攻し、ニューロモーフィックコンピューティング、ニューラルネットワーク等の研究にも従事。前職では海外の大手地図メーカーにて高精度地図作成やGISのデータ解析の業務に携わる。現在はMOVの需要予測プロジェクトにおいて機械学習モデリングや強化学習を活用した研究開発を担当。

森下 篤

Atsushi
Morimoto

オートモーティブ事業本部
基幹システム開発部
MIグループ

2018年5月にDeNAに入社。前職では次世代DBエンジンの研究開発に従事。現在はMOVにおいて車両データ収集基盤システムの整備や、需要予測プロジェクトの可視化ツール、プロダクト化のサーバサイド開発を担当。