Loading
DeNA AI
contact

Kaggle

主催者がデータと課題を提供し、
参加者は3ヶ月程度の期間内で最も性能の高いAIを作ることを競い合うコンペティションがあります。
その最大のプラットフォームがKaggleです。
そこでは、企業や研究者から提供された課題を解くべく、
世界中から数千人が参加し、日常的に腕を競い合っています。
実績をあげた参加者には賞金のほか「Grandmaster」「Master」などの称号が与えられます。
また、終了後には参加者同士で解法を共有するオープンな議論の場があるため、
機械学習の事例を学ぶ場としての側面も持ち合わせています。
Kaggle
DeNAが
データサイエンティストを
重視する理由
DeNAとその関連企業を含めたDeNA Galaxyでは、日々新しい事業課題が生まれており、AI技術の活用機会が数多くあります。
必要な技術は課題によりさまざまで、専門のリサーチャーが解決すべきことだけではなく、そもそもAI技術が必要ないことも、少し古い技術で十分であることも、泥臭くデータを眺めることが重要であることもあります。
DeNAは、このように適用される分野も技術も難易度も多様な課題を、幅広く解決できる人材としてデータサイエンティストに注目しています。
創業以来インターネットビジネスを展開してきた私たちは、大量データを扱うことに長けていると自負しています。
データサイエンティストは、この強みをさらに高めてくれると期待しています。
なぜDeNAはKagglerに
注目するのか
Kagglerは通常のデータサイエンティストとしての業務だけでなく、多くのコンペティションに参加して実践経験を積んでいます。
その経験を通し、数十ものプロジェクトを成功させた大ベテランのような幅広い技術の引き出しを身に付けることができます。
課題に直面した際は、自ら経験したことのある技術の中から課題解決に適したものを選択し、素早く適切に実行することができます。
また、コンペティションで継続的に勝つためには、新しい技術を必要に応じてキャッチアップすることや、AIの適切な評価・検証のノウハウを知ること、データと向き合ってじっくり調べることも必要です。
そんな経験を乗り越えたKagglerは、日々発生するさまざまな課題を、データと技術で素早く解決する最適な人材であると考えています。
Kaggler
DeNAに複数名在籍しているKaggle Rankerの働き方についてご紹介します。
Shota Okubo - Kaggle Grandmaster
Shota Okubo
Grandmaster
私はKagglerを中心としたチームのマネジメントをしています。Kaggleを通じ、各メンバーの興味や強みが一目瞭然なので、数多くのプロジェクトが発生する中でも適材適所なアサインを組むことができていると思います。
Kaggleに参加したことがなかった人が入社をきっかけに始め、気がついたら結果を残していることもDeNAの大きな特徴です。
Kaggleに参加することで最新の技術に触れる機会が多くあり、自分の専門外の領域であっても社内の得意なメンバーと気軽に情報交換できることがそれぞれの成長に一役買っているのではないでしょうか。
Masaki Yano - Kaggle Grandmaster
Masaki Yano
Grandmaster
私が入社を決めた理由は3つありました。DeNAにはKagglerが多く在籍しており、元々Kagglerだった私にとって温度感や価値観が合ったこと。
データサイエンスの技術習得に力を入れたいタイミングだったので、業務としてKaggleに参加できる制度も魅力でした。
そして、在籍しているKagglerの多くが強かったことも外せません。そういった人たちと議論しあえる環境での学びが多いだろうと想定できたからです。
実際、Kaggleや技術の話で盛り上がる毎日を送っていますし、チームのメンバーと一緒にコンペティションに参加し、金メダルを獲得することもできました。
DeNA
Kaggle Rank
DeNAでは、AI部門・データサイエンスチームにおいて、
Kaggle社内ランク制度を導入しています。
Kaggle社内ランク制度とは、業務時間を使ったKaggleへの参加を認める制度です。

※どの程度の業務時間をKaggle参加に利用して良いかはKaggleでの成績を元に決定します。
DeNA Kaggle Rank
Kaggle Interview

INTERVIEW

2018年のサマーインターンに参加した横尾 修平。
ベイスターズのアナリストたちも驚くほどの成果を出したという、「横浜DeNAベイスターズのチーム強化のためのAIデータ活用」について聞きました。
インターン先、そして就職先としてDeNAを選んだ理由についても触れられています。