プロジェクトページ「地図概念を革新する ー 自動運転時代の隠れたキーテクノロジー」が公開されました

プロジェクトページ「地図概念を革新する」が公開されました。

今、自動車産業は「100年に一度の変革期」にあると言われます。自動運転のニュースを見ない日はなく、自動運転、配車サービス、無人宅配など、世界中で次々と新しいビジネスが立ち上がってきています。

DeNAでは、地図データ作成技術を自動運転時代の様々な応用に必要なキーテクノロジーと捉え、その一歩として車載カメラによって撮影した画像から交通標識やレーン、路面標示などの物体を深層学習により認識し、さらにその空間的な位置情報を求めるSLAM、あるいはSfMと呼ばれる技術の開発を進めています。