Loading
DeNA AI
contact

WORKS

テクノロジーを活用した横浜DeNAベイスターズ選手の強化施策


抱えていた課題

野球のデータは多岐に渡る分析が、難しい。
分析を活用することは、さらに難しい。

実現した結果

所属や専門性の異なる多様なメンバーが一丸となって実用的なソリューションを開発。


近年、スポーツ分野でも、テクノロジーを活用したデータ分析が大きく進展しています。横浜DeNAベイスターズ内でも、徹底したデータ分析、チーム強化をを行っています。

技術的な専門性だけでは難しい、野球データの活用

試合結果の詳細データ、トラックマン(高性能弾道測定器)などのセンサーデータ、試合映像データなど、データの種類と量が急激に増えデータ分析は年々複雑化しています。 昨今、今までの仮説検証に基づくデータ分析から、機械学習による予測モデルや高度な映像解析等のAI技術を活用したデータドリブンの施策の需要が高まりつつあります。

例えば、試合映像データの解析では、ピッチングフォームやバッティングフォーム、守備や走塁などのさまざまな解析対象があります。センサーデータや映像データの解析は、高度な専門性を必要とすることが課題となってきます。また、チーム強化の実現には、大元にどんな課題が隠れているのかを洗い出し、分析の結果をどのように選手たちに届けていくかがカギとなってきます。 この一連の流れでは、AI技術に関する高い専門性と野球についての深い理解力が必要となります。

works_ydb_detail_01


AI人材だけではない、球団と一体でのAIソリューション開発

横浜DeNAベイスターズのコーチ陣と球団専属のリサーチャーやアナリスト、そこに、AIを専門とするDeNA × AIチームが連携することで、チーム強化のためのAIソリューションの開発や運用を行っています。完成したプロダクトは、選手やコーチ、アナリストが日々の練習の中、実際に使用してもらい、その中で出た意見や改善点をプロダクトに反映することで、より良いモノづくりを行っています。

横浜DeNAベイスターズでは所属や専門性の異なる多様なメンバーがチーム強化のために連携し、現場で使える実用的なアウトプットにつなげています。

works_ydb_detail_02

project member

KATSUNORI ONISHI AI研究開発エンジニア
YUSUKE KAMO マネージャー
HIDEKI OKADA AI研究開発エンジニア
SHUSUKE KABEYA YDB 戦略部長
KATSUYA UDOH YDB ゲームアナリスト
YUKIYA YOKOYAMA YDB ゲームアナリスト
HIDEYUKI TANAKA YDB R&D データサイエンティスト
YOSHIKI YAGI YDB R&D バイオメカニクスアナリスト
KENICHI YOSHIKAWA YDB R&D グループリーダー

OTHER WORKS