近年、スポーツにおけるデータ分析の活用は大きく進展しています。横浜DeNAベイスターズにおいても、徹底したデータ活用によりチーム強化に貢献してきました。

・参考: 横浜DeNAベイスターズ躍進の要因は徹底したデータ活用だった

試合結果の詳細データ、トラックマン(高性能弾道測定器)などのセンサーデータ、試合映像データなど、データの種類と量が急激に増大していく中、データ分析は年々複雑化しています。今までの仮設検証に基づくデータ分析から、機械学習による予測モデルや高度な映像解析等のAI技術を活用したデータドリブンの施策の重要性が高まりつつあります。
試合映像データの解析では、ピッチングフォーム、バッティングフォーム、守備、走塁など様々な解析対象があります。近年、姿勢推定技術の活用が注目されていますが、そのままでは実用に耐える精度を得ることはできません。コンピュータビジョンのAI研究開発エンジニアが、個別の映像解析要件に対応した映像解析の研究開発に取り組んでいます。

また、解析された映像データやトラックマンデータ等の膨大な入力データと、選手の成績、調子、疲労(怪我の可能性)との関係性をデータサイエンティストが分析して機械学習モデルを構築しています。限られた試合結果のなかで大量の変数に対応した予測モデルを構築した上で、妥当性を検証・説明することは非常に難易度の高い課題になります。
これらのAI活用を進めていく上で一番大事なことは、現場の課題を解決するアウトプットを生み出すことです。横浜DeNAベイスターズでは、チーム強化に役立つデータ分析を推進するアナリストの専門部隊がいて、日々分析業務を回しています。DeNAのAIシステム部では、横浜DeNAベイスターズのアナリストと共に、データ分析課題の設計から、実際の分析、そして報告・検証までを密連携で進めて、何度も繰り返しPDCAサイクルを回すことで、実用的なアウトプットにつなげています。
DeNAでは、横浜DeNAベイスターズ以外にも、横浜DeNAランニングクラブ、川崎ブレイブサンダース等多くのスポーツ事業を展開しています。また、将来はeスポーツ事業への取り組みも前向きに検討しています。AIシステムでは、強いスポーツチームを下支えするためのAI技術を開発し、実運用ノウハウを蓄勢・展開していくことで、DeNAのスポーツ事業全体を大きく活性化できればと考えています。

プロジェクトメンバー

西野 剛平

KOHEI NISHINO

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

前職のプリンタメーカーでは、不動産間取り図の校正および文章レイアウト認識などの研究に従事し「プリント自動修飾アプリケーション」の実用化などを果たす。その後、起業を経てDeNAに中途入社。 DeNAでは「ONE PIECEグランドコレクション」の立ち上げ、戦国シミュレーションRPG「戦魂」のリードエンジニアを経て、現在はAIシステム部で主に定点カメラや映像からの画像認識に取り組んでいる。

大西 克典

KATSUNORI
ONISHI

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

東京大学大学院にて修士取得後、2017年10月にDeNAに新卒で入社。 大学時代はComputer Visionの中でも主に動画関係の研究に従事。主著論文をCVPR2016、ACMMM2016、AAAI2018で発表。現在は横浜DeNAベイスターズのチーム強化への機械学習の活用をプロジェクトオーナーとして牽引。

加茂 雄亮

YUSUKE KAMO

AI本部AIシステム部
MLエンジニアリンググループ
グループマネージャー

2013年4月に中途入社。前職では大手自動車部品サプライヤーや大手教育系出版社と先進技術を活用した研究開発業務に従事。DeNAではMobageプラットフォームの開発運用、大規模チャットサービスの開発運用、デザイン/エンジニアリングマネージャを経て、Mobageサービス上での対話ボット導入を企画立案。PFDeNA立ち上げに携わる。現在はMLOpsにおけるシステムアーキテクチャからインフラ,バックエンド,フロントエンドまで一貫した開発担当として従事。

壁谷 周介

SHUSUKE KABEYA

チーム統括本部チーム
戦略部長

一橋大学卒業後、ソニー(株)の本社経営企画部門、車載機器事業部で経営企画・事業企画管理業務を経験。その後ボストンコンサルティンググループで通信、電気機器、電子部品、重工、製薬、音楽、金融等、様々な業界で新規事業戦略、中期戦略、海外戦略、業務改革等のプロジェクトに従事。横浜DeNAベイスターズには初年度の2012年より参画。社長室長兼地域貢献室長、チーム企画室長、ファーム・育成部長を経てチーム戦略部長。チームのデータ・IT活用戦略と外国人獲得戦略を担う。2017年には同部にR&Dグループを立ち上げ、より先進的なデータ・IT活用施策に挑戦中。

河村 佳太

KEITA
KAWAMURA

チーム統括本部チーム
戦略部R&Dグループ

東京大学卒業後、コンサルティング会社で業務改革やシステム導入のプロジェクトに従事。2015年11月に横浜DeNAベイスターズに中途入社。経営・IT戦略部でのマーケティング分析やシステム企画を経て、2016年11月より現職。MINATOシステム、CANVASシステム、VRシステムなどチームが利用するシステムの企画、及びトラックマンデータを用いた分析、コーチ・選手へのフィードバック等、IT・データを活用したチーム強化に従事。

田中 秀幸

HIDEYUKI TANAKA

チーム統括本部チーム
戦略部R&Dグループ

スタンフォード大学にて統計学修士取得後、2016年より大手自動車部品メーカーにてビッグデータを活用した異常検知プロジェクトに従事。2018年より横浜DeNAベイスターズに入社し、データアナリストとして統計的・機械学習的手法に基づいたデータ分析でのチーム強化に従事。

横山 道哉

YUKIYA
YOKOYAMA

チーム統括本部チーム
戦略部ゲームアナリスト

横浜高校からドラフト3位指名を受け横浜ベイスターズに入団。1998年の優勝に中継ぎとして貢献し、その後2004年に日本ハムファイターズに移籍し最優秀救援投手賞を獲得。2007年にベイスターズに復帰し、2009年に現役引退。2010年よりゲームアナリストに従事。

有働 克也

KATSUYA UDOH

チーム統括本部チーム
戦略部ゲームアナリスト

大阪経済大学からドラフト3位指名を受け横浜大洋ホエールズに入団。1993年の横浜ベイスターズ初年度に開幕投手を務め、オールスターにも出場。1997年に中日ドラゴンズに移籍し、2000年に台湾リーグへ移籍。現役引退後は、ヤクルトスワローズの打撃投手、横浜の打撃投手兼ゲームアナリスト、ファーム投手兼育成担当コーチを経て、2017年よりゲームアナリストに復帰。

高山 将太

SHOTA
TAKAYAMA

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

2017年4月に新卒でDeNAに入社。学生時代は人物追跡の研究に従事。入社後1年半はアプリ開発に携わり、2018年10月から横浜DeNAベイスターズのチーム強化プロジェクトにて研究開発に携わっている。

岡田 英樹

HIDEKI OKADA

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

東京大学大学院にて修士取得後、2019年4月にDeNAに新卒で入社。学生時代は深層学習を用いた脳波解析の研究に従事。入社後は横浜DeNAベイスターズチーム強化プロジェクトにてCV技術の研究開発に携わる。

大越 拓実

TAKUMI OKOSHI

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト

名古屋大学在学中にAIベンチャーを立ち上げ、放送や医療など他業種にて、機械学習を応用するための研究開発に携わる。その傍らKaggleを中心にデータ分析コンペに多数参加しKaggle Masterの称号を持つ。入社後は横浜DeNAベイスターズチーム強化プロジェクトにて、データサイエンスを活用した研究開発を行なっている。

大谷 拓海

TAKUMI OTANI

AI本部AIシステム部
MLエンジニアリンググループ

東京工業大学で自然言語処理を研究し修士号を取得後、2019年新卒入社。2016年IPA未踏事業でスーパークリエータに認定され、2018年IPA未踏アドバンスト事業のイノベータでもある。モバイルネイティブアプリからウェブ系・インフラまで幅広い開発経験がある。趣味はフリークライミング。