小学生向けの「AI入門」授業を創業20周年を記念する「1日DeNA学校」にて実施しました

12/15(日)に開催された"De20"プレゼントキャンペーン「1日DeNA学校」にて、AIシステム部の鈴木天音、松木秀憲、岡田英樹、唐澤拓己、中村遵介がAI入門の授業を行いました。

1日DeNA学校はDeNAの創業20周年を記念した小学生向けのイベントです。
「未来のエンジニアに必要なスキルを1日で学べる」と題して、

  • AI入門
  • コミュニケーションデザイン
  • プログラミングゼミ

の3つの授業が開催されました。

AI入門の授業はAIシステム部が担当し、講義と体験の2パートで企画しました。

講義パートではAIは学習するということ、AIを学習させるにはデータが大切であるということを、参加してくださった小学生の皆さんとの質疑応答を交えて解説しました。
講師が「AIは何を判断したのでしょうか?」「黒い猫と白いウサギだけを学習させたAIに白い猫を見せるとAIはなんと答えるでしょうか?」と問いかけると参加者が鋭い回答を返して講師を驚かせる一幕もありました。

体験パートでは講師たち自らがこの日のために開発したWebアプリを使い、会場内で写真を撮ってAIに学習させるワークを行いました。
会場内に準備された複数のDeNA関連キャラクターや椅子、傘などの中から何を選び、どのような背景やアングルで撮影するかによって画像認識AIの予測結果が変化します。
初対面の参加者同士で自然と会話が生まれ、協力してAIを育てている姿が見受けられました。

DeNA AIシステム部は「AI技術で世の中に大きなデライトを届ける」というミッションを掲げています。
今後もさまざまなプロジェクトを通してデライトを届けていきます。

プロジェクトメンバー

  • 岡田 英樹

    HIDEKI OKADA

    AI本部AIシステム部
    AI研究開発エンジニア

  • 鈴木 天音

    AMANE SUZUKI

    AI本部AIシステム部
    データサイエンティスト