DeNAと関西電力は、2019年2月に石炭火力発電所の燃料運用最適化を行うAIソリューションを共同開発し、外販ビジネスに向けて協業を進めることについて基本合意しました。

石炭火力発電所では、輸送船から受け入れた石炭をサイロ(※)で一旦貯蔵した後、ボイラで燃焼していますが、石炭の種類によって混載や混焼ができない等の制約があります。 そのため、熟練技術者が長年の経験やノウハウに基づいてそれらの制約を考慮しながら複数のサイロ、ボイラを運用するスケジュールを作成し、状況変化に応じて都度見直しながら運用しています。

このスケジュール作成を最適化するシステムを、関西電力が設定した課題や運用条件に基づいて、DeNAが構築したアルゴリズムを用いて開発していきます。

このアルゴリズムは、輸送船からボイラまでの過程や、混載・混焼の条件など運用スケジュールの作成に必要な様々な考慮事項をモデル化し、数理最適化の手法を用いて従来よりも複雑で細かなスケジュールの作成を可能としています。
条件が極めて複雑であるためスケジュールのパターンが膨大になり、その中から優れたスケジュールを効率よく見つけ出す必要がありますが、DeNAは一般的に将棋などのゲームをプレイするAIに用いられる探索技術を導入することでこの問題を解決し、短時間で優れたスケジュールを自動作成することを可能にしました。これにより、経験の浅い技術者でも様々な運用条件でのスケジュールを短時間で比較検討できる見通しが立ちました。

またこのシステムは、他の石炭火力発電所はもちろん、原材料受入から製品生産までのプロセスを持つ鉄鋼工場や化学工場等のプラントにも適用できる可能性があり、関西電力とともにソリューションの外販を進めていく予定です。

今回、関西電力とパートナーシップを結ぶことで、人々の生活に欠かせない電力を効率的かつ安全に生み出せるよう、AIの力でサポートします。
今後もDeNAは、様々な企業と協業し、AIを活用した社会課題の解決を目指します。

※サイロ:石炭船から石炭を受け入れる設備

プロジェクトメンバー

原田 慧

KEI HARADA

AI本部AIシステム部
データサイエンス第一グループ
グループマネジャー
Kaggle Master

数理学博士、Kaggle Master。前職ではコンサルタントとして金融機関向けのデータ分析に従事する傍ら、数学力とデータ分析コンペティションで鍛えた技術力を活かし新規分野開拓、社内外の分析技術者育成に従事。2018年2月にデータサイエンスチームの立ち上げメンバーとして入社、現在はマネージャーとして多くのプロジェクトに関わりながら、個性的なメンバーを率いる。

小野寺 和樹

KAZUKI
ONODERA

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト
Kaggle GrandMaster

大学卒業後、銀行系基幹システム開発に従事。その後、金融コンサルとして金融機関の審査モデル構築に携わりつつ、2015年にACM/KDD 主催のデータマイニングコンテスト KDD Cup 2015 にて準優勝。そして2017年、KaggleのInstacart Market Basket Analysisにて準優勝。現在はDeNAにて、各種サービスの機械学習活用に向けた開発を行っている。Kaggle GrandMaster。kaggle世界最高ランク37位。

永田 健太郎

KENTARO
NAGATA

AI戦略推進室
シニアマネージャー

宇宙物理学で博士号取得後、業務コンサルティング会社にてコンサルタントとして従事。その後2009年にDeNA入社。データマイニング、ゲーム事業、海外事業とオートモーティブ事業の立ち上げ等の業務に携わり、現在はAI戦略推進室にてAI技術の社内外での実用推進と新規事業の立案を行っている。

鈴木 天音

AMANE SUZUKI

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト

東京大学大学院にて修士取得後、2019年4月にDeNAに新卒で入社。Kaggle Master。大学院では化学と機械学習を組み合わせたケモインフォマティクスを専攻。現在はデータサイエンスチームのメンバーとして、エネルギー事業における分析・開発に携わっている。