Kaggleコンペティション "Recursion Cellular Image Classification" にてDeNAのAI研究開発エンジニアを含むチームが4位に入りました

Kaggleコンペティション Recursion Cellular Image Classification にて、DeNAのAI研究開発エンジニアである内田祐介を含むチームが866チーム中4位となり、金メダルを獲得・解法を公開しました。
本コンペティションでは、様々な低分子干渉RNA (siRNA) を利用してRNA干渉を行った細胞の分類を行います。このタスクでは、細胞の種類や実験環境の違いによるノイズをいかに吸収するかが求められました。
この技術の進展により、細胞画像のモデル化精度が向上し、創薬や治療のコストが大幅に削減されることが期待されます。

内田のコメント
「今回は初めて全く知らないKagglerとチームを組んでの挑戦となりました。異なる視点を持ったメンバーとのディスカッションは技術の進化に不可欠なものだと改めて気付かされました。今回の経験を含めて、コンペから学んだ知見を継続的に業務に活かしていきたいと思います。」