ゲームを中心とした国内最大級カンファレンス「CEDEC 2019」にてAIシステム部3名が登壇した講演資料を公開しました

CEDEC 2019

2019年9月4日(水)~9月6日(金)に開催されたCEDEC 2019にてDeNAの田中一樹、岡田健、奥村純が登壇しました。
その際の講演資料を公開いたしましたので、是非ご覧ください。

組織的に Game x AI を 推進していくための方法論 〜『逆転オセロニア』の AI の一歩先へ 〜

セッション詳細
講演資料

DeNAでは運用中のモバイルゲーム『逆転オセロニア』においてデッキ編成をするAI、人間のような戦いをするAIをリリースしました。その経験から、AI活用を成功させるために重要な要素がいくつか見えてきました。過去事例の収集、自社の個別ゲームタイトルの要望の把握、投資領域の選定、課題設定への落とし込み、AI開発をスムーズにするような周辺ツールやデータの整備、そしてそれを可能にするための部署横断での体制の整備などです。
本講演では、AI技術をゲーム開発・運用に活用するためのプロセスや組織における課題と、それを踏まえた今後の理想について幅広く解説しています。また、その中でも技術的に重要になってくるシミュレータについては具体的な設計を交えて説明しています。

ゲームと機械学習の最前線 〜現状と未来を正しく捉えるために〜

セッション詳細
講演資料

ゲーム領域においてどのような機械学習導入が行われているか、国内外の豊富な事例の紹介と共に2019年の現状を俯瞰しています。また、単なる事例の紹介に留まらず「これらが実際にどのようなビジネスやUXの変化をもたらすのか」といった現実的な観点での分析や、今後の見通し等、幅広く解説しています。

プロジェクトメンバー

  • 奥村 純

    JUN OKUMURA

    AI本部AIシステム部
    AI研究開発エンジニア

  • 田中 一樹

    IKKI TANAKA

    AI本部AIシステム部
    AI研究開発エンジニア
    Kaggle Master