DeNA TechCon 2019でMOVにおける機械学習活用事例に関して発表します

2019年2月6日(水)に開催予定のDeNA TechCon 2019において、オートモーティブ事業本部の織田とAIシステム部の益子が、MOVにおける機械学習を活用したタクシー行動最適化プロジェクトについてご紹介いたします。

タイトル

『モビリティ・インテリジェンス』の社会実装

登壇者

織田 拓磨(オートモーティブ事業本部モビリティインテリジェンス開発部)
益子 遼介(AIシステム部MLエンジニアリンググループ)

内容:

DeNA オートモーティブでは「インターネット×AI」で交通システムにイノベーションを起こし、日本の交通システム不全を解消することをミッションに掲げています。本セッションではDeNAが考える「モビリティ・インテリジェンス」を社会実装した事例としてAI、ITS(Intelligent Transport Systems)、クラウド技術を結集してタクシーの行動を最適化するプロジェクトを紹介します。

DeNA TechCon 2019に関して

DeNAでは、ゲームやエンタメだけでなく、Eコマース、ソーシャルLIVE、ヘルスケア、オートモーティブ、そして横浜DeNAベイスターズのようなスポーツなど、様々な事業を行っています。 また、技術の力で事業の未来をリードするため、様々なチャレンジも行っています。

DeNA TechCon はこれらのチャレンジの中から、技術的に特に面白いものを厳選して皆さんにお披露目するお祭りです。
今年のテーマは「SHIFT UP」です。
『面白かったー!』と思っていただく工夫を凝らしてお待ちしてますので、みなさまぜひお越しください!

他にもAIシステム部では複数名登壇を予定しています。随時、情報発信していきます。

DeNA TechCon の最新情報は、公式 Twitter アカウント(@DeNAxTech)にて確認いただけます。ぜひフォローをお願いします!!