「NeurIPS2018読み会@PFN」にて登壇したAIシステム部研究開発エンジニア3名の発表資料を公開しました

2019年1月26日に株式会社Preferred Networksカフェテリア(大手町ビル3F)で行われたNeurIPS2018読み会@PFNにて,AIシステム部のエンジニア3名が登壇させていただき、その際の発表資料を以下に公開いたしました。
御一読いただければ幸いです。

資料(SlideShare)

  • Generative Adversarial Networks and Disentangled Representations @ NeurIPS2018

    • 発表者: 濱田晃一
    • スライド資料:

  • Neural Networks for Graph Data @ NeurIPS2018

    • 発表者: 亀澤諒亮
    • スライド資料:

  • Reinforcement Learning @ NeurIPS2018

    • 発表者: 甲野佑
    • スライド資料:

NeurIPS読み会に関して

国際会議 ”Neural Information Processing Systems (NeurIPS, 旧NIPS)” は機械学習において、
世界トップレベルの研究が集まる国際会議です。
近年では機械学習への関心の高まりから、会議への投稿数、採択数が伸びています。
そこでの広範囲に及ぶ研究の概要やトレンドを紹介する目的でNeurIPS読み会は開催されています。