DeNA TechCon 2019でKagglerたちの仕事ぶりについてパネルディスカッションを開催します

2019年2月6日(水)に開催予定のDeNA TechCon 2019において、弊社データサイエンスチームのメンバー中心に、Kagglerがどのように活躍しているのかについて、パネルディスカッションを開催いたします。

タイトル

パネルディスカッション:データサイエンスの競技者、Kagglerたちが活躍する職場とは

登壇者

原田 慧(AIシステム部データサイエンスグループ)
鈴木 翔太(AIシステム部MLエンジニアリンググループ)
小野寺 和樹(AIシステム部データサイエンスグループ)
加納 龍一(AIシステム部データサイエンスグループ)
山川 要一(ゲーム・エンターテインメント事業本部ゲームサービス事業部分析部第三グループ)

内容:

DeNAのAIシステム部データサイエンスグループは、別名Kaggler枠と呼ばれ、データサイエンス競技「Kaggle」のトッププレイヤーによって構成されています。 彼らには業務時間の一定割合を使ったKaggleへの参加を認める制度である社内Kaggleランク制度が適用され、実際にメンバーはKaggleに積極参加しています。
一般的にビジネス・サイエンス・エンジニアリングの万能人材を指していわれる「データサイエンティスト」と比較すると、彼らはかなり尖った、競技者の集団です。
本パネルディスカッションでは、一見すると事業貢献にそぐわないKagglerたちが、どのようにして仕事をしているのかを、当事者のKagglerと一緒に働く人材の立場から紹介します。

DeNA TechCon 2019に関して

DeNAでは、ゲームやエンタメだけでなく、Eコマース、ソーシャルLIVE、ヘルスケア、オートモーティブ、そして横浜DeNAベイスターズのようなスポーツなど、様々な事業を行っています。 また、技術の力で事業の未来をリードするため、様々なチャレンジも行っています。

DeNA TechCon はこれらのチャレンジの中から、技術的に特に面白いものを厳選して皆さんにお披露目するお祭りです。
今年のテーマは「SHIFT UP」です。
『面白かったー!』と思っていただく工夫を凝らしてお待ちしてますので、みなさまぜひお越しください!

他にもAIシステム部では複数名登壇を予定しています。

DeNA TechCon の最新情報は、公式 Twitter アカウント(@DeNAxTech)にて確認いただけます。ぜひフォローをお願いします!!