「人工知能 – 国家間における研究及び応用: 第 1 回人工知能に関する日独仏合同シンポジウム」に登壇します

11 月 21-22 日、人工知能 – 国家間における研究及び応用:第 1 回人工知能に関する日独仏合同シンポジウムが虎ノ門ヒルズにおいて開催されます。当シンポジウムはドイツ研究革新センターの主催によるもので、独仏日3 カ国からの人工知能関連分野の専門家が、AI の研究と応用の最新の進歩について議論します。当シンポジウムは、学術界、政策、ビジネス/産業界の専門家を対象 に国際的な意見・情報交換を促進するプラットフォームを提供します。

オートモーティブ事業部シニアマネージャー山下、AIシステム部研究開発第二グループのグループマネージャー奥田が登壇し、モビリティサービスに対する人工知能を活用した取り組みについて紹介します。

  • タイトル:DeNA's Challenges to Realize Future Mobility Services
  • 登壇者:山下淳、奥田浩人

(参考)ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)によるプレスリリース