AIで交通事故を削減する

警察庁によれば、平成29年の日本での交通事故は約47万件に達しています。喫緊の社会課題である交通事故に対して、私たちは最新のAI技術とビッグデータ分析技術を活用した交通事故削減サービスの研究開発を進めています。現在、車載カメラ、ドライブレコーダ、専用端末を搭載した大規模車両走行実験を実施しています。

交通事故の要因の大半は、周辺状況を把握する「認知」、どのような行動をとるか決定する「判断」におけるミスが大半を占めると言われています。事故を削減するためには、「認知」「判断」におけるミスの潜在的原因となる危険行動を検知することが重要となります。

これに対し、私たちは車載カメラから得られる映像や各種センサ情報、地図情報に基づいて、脇見、車間距離不足、急ブレーキなどを検出する危険運転行動検出技術を開発しています。これは、映像情報、センサ情報の総合的な処理が必要となる難度の高い技術開発です。例えば脇見の検出では、最新のコンピュータビジョン技術を駆使して車内カメラの映像情報からドライバーの顔の姿勢を読み取ることに加え、センサ情報や地図情報に基づいて、脇見が危険な状況下にあるのか判定する、データサイエンスのアプローチも必要となります。コンピュータビジョンの研究者とデータサイエンティストが生データを前に日々議論しながら、これら困難な課題にチャレンジしています。

DeNAならではの強みを最大限活かしつつ、交通事故削減サービスの1日も早い実現を全力で進めてゆきます。

プロジェクトメンバー

内田 祐介

YUSUKE UCHIDA

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
グループマネジャー

2007年大手通信キャリア入社。研究所にて、画像検索および画像検索に関する研究に従事し、高速な画像検索ライブラリを開発、実用化。2016年に社会人学生として博士号を取得(情報理工学)。2017年にDeNAに入社、最新の技術から新たな価値あるサービスを創造すべく、深層学習を中心としたコンピュータビジョンの研究開発に従事。電子情報通信学会学術奨励賞、FITヤングリサーチャー賞、映像情報メディア学会技術振興賞受賞、国際学術会議にてBest Paper Awardを2度受賞。

本多 浩大

hiroto honda

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
AI研究開発エンジニア

2003年より、大手電機メーカーにて、イメージセンサ及び画像処理技術の研究開発に従事し、ハードウェアからソフトウェアまで最先端の技術に関わった。また2013-2014年にチューリヒ工科大学にて、客員研究員として画像復元技術の研究をおこなった。
2017年DeNAに入社し、AIシステム部にて、オートモーティブ応用を中心としたコンピュータビジョン技術の研究開発をおこなっている。

加藤 倫弘

Tomohiro Kato

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
AI研究開発エンジニア

2017年10月にDeNAに入社。Deep Learningを用いたコンピュータビジョン技術をモバイル・エッジデバイスに実装するための軽量化技術やデプロイツールの開発に従事。 前職ではメーカー系ソフトウェア開発会社にて組み込みシステム開発に従事。

冉 文昇

Wensheng Ran

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
AI研究開発エンジニア

東北大学大学院にて修士取得後、2017年10月にDeNAに新卒で入社。学生時代NLP, Computer Vision関連の研究をしていた。入社後顔検出の研究開発を担当している。

山川 要一

Yoichi
Yamakawa

ゲーム・エンターテインメント事業本部
ゲームサービス事業部分析部

京都大学大学院にて修士取得後、2014年新卒入社。事業状況の変化が激しいゲーム領域の中における分析チームリーダーとしての事業推進/分析経験を活かし、現在はオートモーティブ事業部にて分析業務を推進している。

原田 慧

kei harada

システム本部
AIシステム部データサイエンスグループ
グループマネジャー
Kaggle Master

数理学博士、Kaggle Master。前職ではコンサルタントとして金融機関向けのデータ分析に従事する傍ら、数学力とデータ分析コンペティションで鍛えた技術力を活かし新規分野開拓、社内外の分析技術者育成に従事。2018年2月にデータサイエンスチームの立ち上げメンバーとして入社、チームリーダーとして様々なプロジェクトをリードしている。

佐野 遼太郎

ryotaro
sano

システム本部
AIシステム部データサイエンスグループ
Kaggle Master

Kaggle Master。名古屋大学大学院にて修士取得後、2015年4月よりコンサルタントとして金融機関を中心としたデータ分析業務に従事。2018年2月にデータサイエンスチームとしてDeNAに入社。また、2016年から社外データ分析講座講師も務めている。

菊地 進一

Shinichi Kikuchi

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

2001年に学位取得の後、12年ほど日米で大学教員として人工知能の研究に従事。帰国後は新規事業の立ち上げに携わり、2017年よりDeNAに入社、主に時系列解析やシステム制御などを担当している。Fast Moving Fronts in Computer Science (Impact Factor, Thomson Reuters, 2008)、Golden Gavel Award (Google for Entrepreneurs, 2017) など。

田口 直弥

Naoya Taguchi

システム本部
AIシステム部データサイエンスグループ

大阪大学にて学士を、東京大学大学院にて修士を取得後、2018年4月に DeNA に新卒で入社。 修士にて時系列データ処理を行う Neural Network の構造について研究を行い、入社後はオートモーティブ事業で分析業務を行う傍ら kaggle にも参戦し、精力的に活動している。

奥田 浩人

Hirohito Okuda

システム本部
AIシステム部シニアマネジャー

大学では計数工学を専攻。1994年に大手メーカーに新卒入社し画像認識の研究開発に従事。在職中にイェール大学の客員研究員として画像認識の研究開発を行う。その後、同大の研究機関に転職、医用画像処理ソフトウェア開発プロジェクトのエンジニアリングチームのリーダを務めた。帰国後、外資系ヘルスケアメーカーにてMRIのソフトウェア開発部門にて技術開発/研究開発に携わり、近年はマネジメントに従事。2018年3月にDeNAに中途入社。

川上 裕幸

Hiroyuki
Kawakami

オートモーティブ事業本部
スマートドライビンググループ
グループマネジャー

某大手半導体企業に新卒で入社、DVDレコーダーや携帯電話などの組み込み機器向けSoC (System-on-a-Chip)の開発エンジニアとしてキャリアをスタートさせる。その後携帯電話メーカーに転職したのちにはAndroid端末開発に従事し、システム拡張やプリインアプリの開発をリードする。 2011年にDeNAに入社した後はCTO室を経てグローバルプラットフォーム統括部にて全世界で展開するモバゲープラットフォームの基盤開発を行っていた。その後Mirrativの開発など新規プロダクトの立ち上げに携わった後、オートモーティブにジョイン。安全運転支援Prjのプロジェクトリーダーとして、開発面はもちろんのこと、事業そのものを牽引。