自動運転×AIで配送を効率化し、より便利な社会へ

次世代配送サービスの実現を目指し、2017年4月からヤマト運輸株式会社と「ロボネコヤマトプロジェクト」という実用実験を神奈川県の藤沢市で行っています。将来の自動運転社会を見据えた新しい配送サービス創出を目的とした実験で、オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」、買い物代行サービス「ロボネコストア」の2つのサービスをお客様に体験してもらっています。「ロボネコヤマト」は配送時間を10分ごとに指定でき、対象エリア内であれば好きな場所で受け取れます。最適ルートの探索や集配のスケジューリングなどにAI技術を利用しています。

ロボネコデリバリー、ロボネコストアはヤマトホールディングス株式会社の商標です。(商標登録出願中)

現在、自宅で荷物を待つ、コンビニに取りに行くなど、受け取り方法が多様化してきています。その中で、「ロボネコヤマト」のサービスによって荷物の受け取り方法の選択肢を増やし、究極的には“物を受け取るために待つ”という概念自体をなくしたいと考えています。 例えば通勤途中、駅から会社まで歩いている間に荷物を受け取れるなど、人の動線上で荷物を受け取れる配送サービスを実現していきます。

自動運転×AI技術によって将来の自動運転社会に新たな配送サービスの創出をすることは、お客様の1日の限られた時間をより大切にし、より生活を豊かにしてほしいという願いも込めています。 日本中をもっと便利に、多くの人達に喜んでいただけるサービスを提供することを目指しています。

プロジェクトメンバー

春日 瑛

AKIRA KASUGA

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

2017年新卒入社。学生時代はデータマイニングを中心とした意思決定支援システムの研究を行っていた。海外ラリーにチームで出場し優勝するほどのクルマ好き。現在は、主にオートモーティブ事業部におけるアルゴリズムの研究開発を担っている。

加藤 大雅

HIROMASA KATO

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

米国の大学を卒業後、フランス、ベルギーの航空宇宙業界で7年間勤務し、国内の大学教員を経て2017年にDeNA入社。現在は自動運転社会を見据えた無人配送システムの地図基盤システムの開発を担っている。

田中 慎也

SHINYA TANAKA

オートモーティブ事業本部
ロボットロジスティクスグループ
プロジェクトリーダー

業務コンサルティング会社にてコンサルタントとして従事。 その後DeNAに入社。ショッピングモール事業のBPR、アライアンスを担当。 子会社モバオクの取締役、ショッピングモール事業部長を経て オートモーティブ事業部の新規事業企画を担当。ヤマト運輸との共同プロジェクトロボネコヤマトを立ち上げる。