内田 祐介

YUSUKE UCHIDA

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
グループマネジャー

2007年大手通信キャリア入社。研究所にて、画像検索および画像検索に関する研究に従事し、高速な画像検索ライブラリを開発、実用化。2016年に社会人学生として博士号を取得(情報理工学)。2017年にDeNAに入社、最新の技術から新たな価値あるサービスを創造すべく、深層学習を中心としたコンピュータビジョンの研究開発に従事。電子情報通信学会学術奨励賞、FITヤングリサーチャー賞、映像情報メディア学会技術振興賞受賞、国際学術会議にてBest Paper Awardを2度受賞。

奥村 純

JUN OKUMURA

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

京都大学、東京大学、米ローレンス・バークレー国立研究所にて宇宙物理学の研究に従事し、2014年DeNA入社。データアナリストとしてゲーム事業のデータ分析に携わり、2016年末よりAIエンジニアに転身。強化学習、深層学習を活用したGame AI研究開発プロジェクトをリード。

春日 瑛

AKIRA KASUGA

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

2017年新卒入社。学生時代はデータマイニングを中心とした意思決定支援システムの研究を行っていた。海外ラリーにチームで出場し優勝するほどのクルマ好き。現在は、主にオートモーティブ事業部におけるアルゴリズムの研究開発を担っている。

加藤 大雅

HIROMASA KATO

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

米国の大学を卒業後、フランス、ベルギーの航空宇宙業界で7年間勤務し、国内の大学教員を経て2017年にDeNA入社。現在は自動運転社会を見据えた無人配送システムの地図基盤システムの開発を担っている。

香城 卓

TAKU KOJO

ゲーム・エンターテインメント事業本部
ゲーム事業部
第一開発部第六グループ
プロデューサー

ソーシャルゲームディベロッパーを経て、2011年2月に中途入社。Mobageプラットフォームでのソーシャルゲーム運用・開発を経て、2014年よりスマートフォンアプリ「逆転オセロニア」の開発に着手。同タイトルのプロデューサーとして、ゲームアプリ×AIのサービス企画に協力している。

甲野 佑

YU KONO

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

2017年4月に中途入社。前職では大学でヒトの意思決定傾向や脳における行動の習慣/階層化過程を組み合わせた強化学習モデルの基礎研究を行っていた。入社以来オセロニアの Game AI 開発に携わっており、学習アーキテクチャ全体の設計と強化学習アルゴリズムの実装、開発などに従事している。

齋藤 謙一

KEIICHI SAITO

ゲーム・エンターテインメント事業本部
オープンプラットフォーム事業部
プロジェクトリーダー

法人向けISPを経て2010年にDeNA入社。 Mobageプラットフォーム開発、オートモーティブ新規事業の立ち上げ、協業プラットフォーム開発を経て、現在は協業先との自動運転事業基幹システム開発に携わる一方で、コンピュータビジョンを活用したスマートショッププロジェクトのプロジェクトリーダーも兼務している。

田中 一樹

IKKI TANAKA

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

2017年4月に新卒でDeNAに入社。現在はオセロニアの Game AI 開発に従事し、開発の全体設計や機械学習・強化学習アルゴリズムの研究開発を担っている。大学時代は電力に関する数理計画法を研究する傍ら、データ分析の大会に没頭し複数大会で入賞。Kaggle Master。

田中 慎也

SHINYA TANAKA

オートモーティブ事業本部
ロボットロジスティクスグループ
プロジェクトリーダー

業務コンサルティング会社にてコンサルタントとして従事。 その後DeNAに入社。ショッピングモール事業のBPR、アライアンスを担当。 子会社モバオクの取締役、ショッピングモール事業部長を経て オートモーティブ事業部の新規事業企画を担当。ヤマト運輸との共同プロジェクトロボネコヤマトを立ち上げる。

西野 剛平

KOHEI NISHINO

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
AI研究開発エンジニア

前職のプリンタメーカーでは、不動産間取り図の校正および文章レイアウト認識などの研究に従事し「プリント 自動修飾アプリケーション」の実用化などを果たす。その後、起業を経てDeNAに中途入社。 DeNAでは「ONE PIECEグランドコレクション」の立ち上げ、戦国シミュレーションRPG「戦魂」の リードエンジニアを経て、現在はAIシステム部で主に定点カメラや映像からの画像認識に取り組んでいる。

村上 淳

ATSUSHI MURAKAMI

AI戦略推進室室長

コンサルティングファームを経て2011年にDeNA入社。IT戦略部部長としてDeNAグループの業務改革を統括し、グループウェア、開発環境、人事管理・経営管理基盤をグローバルで統合。現在は、AI戦略推進室長として全社AI戦略の立案実行と全社のAI活用を推進している。

山田 憲晋

KENSHIN YAMADA

システム本部
AIシステム部部長

大手電機メーカーにて、VerilogでTCPフルスタック実装する等ネットワーク関連の研究開発に従事。2003年 UCLAにてComputerScienceの修士号を取得。 よりユーザに近いサービスに直接関わりたいという思いから2008年DeNAに入社。 モバゲーの開発インフラ、ゲーム開発チームのマネージメント等を担当する。ゲーム運営の中で分析の重要性を肌で感じて分析組織を立ち上げ、現在はDeNA全体の分析基盤及びAIシステムの構築と活用の推進統括をしている。

李 天琦

TIANQI LI

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
AI研究開発エンジニア

学生時代は深層強化学習を用いた自動運転シミュレーションの研究を行っていた。2016年に東京工科大学を首席で卒業後、新卒エンジニアとしてDeNAに入社。趣味は不動産投資。現在はAIシステム部でカメラ映像や画像を活用したコンピュータビジョンの研究開発を行っている。

藤川 和樹

KAZUKI FUJIKAWA

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

大学院では深層学習を活用した文書の特徴抽出・経済指標予測への応用に関する研究に従事し、2014年にDeNAへ新卒で入社。
DeNAでは画像特徴を利用した商品レコメンド、オープンチャットの場を盛り上げる対話ボットの開発・運用などに従事し、現在はAI創薬プロジェクトの研究開発チームをリード。

佐野 毅

TAKESHI SANO

ヘルスケア事業本部
ビジネスディベロップメント
ディレクター

大手製薬企業にて事業開発、経営戦略等に従事。アカデミア、商社、VC、IT企業とのオープン・イノベーションの企画・実行を担い、それが縁で2015年にDeNAに入社。「ヘルスケア X IT/AI⇒Delightな新規ビジネスの創生」に汗をかいている。

望月 正弘

MASAHIRO
MOCHIZUKI

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

分子生物学分野で博士号を取得し、前職にてバイオインフォマティクス・IT創薬分野の研究開発に従事。2017年にDeNAに入社し、AI創薬プロジェクトに参画。DDBJデータ解析チャレンジ(2016)、IT創薬コンテスト(2014-2017)等のITとバイオの境界領域のコンペにて受賞複数。

原田 慧

kei harada

システム本部
AIシステム部データサイエンスグループ
グループマネジャー
Kaggle Master

数理学博士、Kaggle Master。前職ではコンサルタントとして金融機関向けのデータ分析に従事する傍ら、数学力とデータ分析コンペティションで鍛えた技術力を活かし新規分野開拓、社内外の分析技術者育成に従事。2018年2月にデータサイエンスチームの立ち上げメンバーとして入社、チームリーダーとして様々なプロジェクトをリードしている。

小野寺 和樹

kazuki
onodera

システム本部
AIシステム部データサイエンスグループ
Kaggle Master

大学卒業後、銀行系基幹システム開発に従事。その後、金融コンサルとして金融機関の審査モデル構築に携わりつつ、2015年にACM/KDD 主催のデータマイニングコンテスト KDD Cup 2015 にて準優勝。そして2017年、KaggleのInstacart Market Basket Analysisにて準優勝。現在はDeNAにて、各種サービスの機械学習活用に向けた開発を行っている。Kaggle Master。kaggle世界最高ランク41位。

佐野 遼太郎

ryotaro
sano

システム本部
AIシステム部データサイエンスグループ
Kaggle Master

Kaggle Master。名古屋大学大学院にて修士取得後、2015年4月よりコンサルタントとして金融機関を中心としたデータ分析業務に従事。2018年2月にデータサイエンスチームとしてDeNAに入社。また、2016年から社外データ分析講座講師も務めている。

小林 銀兵

gimpei
kobayashi

システム本部
AIシステム部データサイエンスグループ

TwitterのIDがnardtreeで有名。機械学習を応用するプロダクトが得意で誰もが発想しない方法で、案件を達成する事ができる。前職では広告の配信システムや、レコメンド、ビッグデータの分析などを行った。DSチームの属性もありつつエンジニアリングも得意であり、これらを利用して各種サービスの展開に努めている。

本多 浩大

hiroto honda

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
AI研究開発エンジニア

2003年より、大手電機メーカーにて、イメージセンサ及び画像処理技術の研究開発に従事し、ハードウェアからソフトウェアまで最先端の技術に関わった。また2013-2014年にチューリヒ工科大学にて、客員研究員として画像復元技術の研究をおこなった。
2017年DeNAに入社し、AIシステム部にて、オートモーティブ応用を中心としたコンピュータビジョン技術の研究開発をおこなっている。

岡田 健

Takeshi Okada

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

2015年にDeNAに新卒入社。大学時代は数論幾何、特にGalois表現にある種の制約をつけたときのアーベル多様体の有限性を研究していた。入社後はアプリ開発やゲーム開発に携わり、2018年1月からオセロニアの Game AI 開発に従事。主に学習の高速化や実運用への橋渡しを担当している。

大西 克典

katsunori
onishi

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
AI研究開発エンジニア

東京大学大学院にて修士取得後、2017年10月にDeNAに新卒で入社。 大学時代はComputer Visionの中でも主に動画関係の研究に従事。主著論文をCVPR2016、ACMMM2016、AAAI2018で発表。

半田 豊和

Toyokazu
Handa

システム本部
AIシステム部

2010年中途入社。前職はアドテク系スタートアップにて、コンテンツマッチ広告や検索連動広告の配信システムの開発に従事。DeNAではデータ分析による新規事業立ち上げを支援や、AI技術の事業応用をリードするなど、AI技術と事業部を行き来しながらプロジェクトを推進する役割を担う。現在はMOVに参加。プロダクト応用にむけた研究開発のロードマップの策定などを行なっている。

益子 遼介

Ryosuke
Mashiko

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

2012年新卒入社、2015年より分析基盤及び機械学習関連業務に従事。分散処理基盤チームにおいて、DeNAのHadoop基盤の開発運用を行う。現在はMOVチームにおいて、大規模ログ収集基盤の設計、開発とともに、プロダクト向けの機械学習アプリケーションの開発を行っている。東京大学大学院工学系研究科修士。

加納 龍一

Ryuichi
Kano

システム本部
AIシステム部データサイエンスグループ
Kaggle Master

前職では動画圧縮アルゴリズムの世界標準化活動に従事する傍ら、単身でKaggleに参戦してきた。2018年6月よりDeNAに入社し、広告効果予測コンペでの金メダルや貸し倒れ予測コンペでの金メダルなど、上位実績を収めている。主に、オートモーティブ事業への機械学習活用へ向けた開発を行なっている。

赤羽根 正則

Masanori
Akabane

システム本部
AIシステム部 分析基盤グループ

大学卒業後、インメモリデータベースや分散データベースなど最先端技術を使ったデータベースプロダクト開発やHadoopなどの分散処理基盤を使った大規模環境のシステム構築に従事。 2017年9月よりDeNAにて、Hadoop等を使用した分析基盤やAI基盤の開発、運用を行なっている。

織田 拓磨

Takuma Oda

オートモーティブ事業本部
基幹システム開発部
MIグループ

大学院卒業後、鉄道会社にて信号制御、位置検知システム等の設計、技術開発に携わる。2015-2017年にカーネギーメロン大学の修士プログラムにて人工知能の交通分野への応用研究に従事。2017年6月より、DeNAにてモビリティサービスに向けたアルゴリズムの開発を行なっている。

橘 ゆりあ

Yulia (Yu)
Tachibana

オートモーティブ事業本部
基幹システム開発部
MIグループ

2018年03月にDeNAに入社。ミシガン大学で応用物理(複雑系学)と計算神経科学を専攻し、ニューロモーフィックコンピューティング、ニューラルネットワーク等の研究にも従事。前職では海外の大手地図メーカーにて高精度地図作成やGISのデータ解析の業務に携わる。現在はMOVの需要予測プロジェクトにおいて機械学習モデリングや強化学習を活用した研究開発を担当。

森下 篤

Atsushi
Morimoto

オートモーティブ事業本部
基幹システム開発部
MIグループ

2018年5月にDeNAに入社。前職では次世代DBエンジンの研究開発に従事。現在はMOVにおいて車両データ収集基盤システムの整備や、需要予測プロジェクトの可視化ツール、プロダクト化のサーバサイド開発を担当。

加藤 倫弘

Tomohiro Kato

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
AI研究開発エンジニア

2017年10月にDeNAに入社。Deep Learningを用いたコンピュータビジョン技術をモバイル・エッジデバイスに実装するための軽量化技術やデプロイツールの開発に従事。 前職ではメーカー系ソフトウェア開発会社にて組み込みシステム開発に従事。

冉 文昇

Wensheng Ran

システム本部
AIシステム部AI研究開発第一グループ
AI研究開発エンジニア

東北大学大学院にて修士取得後、2017年10月にDeNAに新卒で入社。学生時代NLP, Computer Vision関連の研究をしていた。入社後顔検出の研究開発を担当している。

山川 要一

Yoichi
Yamakawa

ゲーム・エンターテインメント事業本部
ゲームサービス事業部分析部

京都大学大学院にて修士取得後、2014年新卒入社。事業状況の変化が激しいゲーム領域の中における分析チームリーダーとしての事業推進/分析経験を活かし、現在はオートモーティブ事業部にて分析業務を推進している。

菊地 進一

Shinichi Kikuchi

システム本部
AIシステム部AI研究開発第二グループ
AI研究開発エンジニア

2001年に学位取得の後、12年ほど日米で大学教員として人工知能の研究に従事。帰国後は新規事業の立ち上げに携わり、2017年よりDeNAに入社、主に時系列解析やシステム制御などを担当している。Fast Moving Fronts in Computer Science (Impact Factor, Thomson Reuters, 2008)、Golden Gavel Award (Google for Entrepreneurs, 2017) など。

田口 直弥

Naoya Taguchi

システム本部
AIシステム部データサイエンスグループ

大阪大学にて学士を、東京大学大学院にて修士を取得後、2018年4月に DeNA に新卒で入社。 修士にて時系列データ処理を行う Neural Network の構造について研究を行い、入社後はオートモーティブ事業で分析業務を行う傍ら kaggle にも参戦し、精力的に活動している。

奥田 浩人

Hirohito Okuda

システム本部
AIシステム部シニアマネジャー

大学では計数工学を専攻。1994年に大手メーカーに新卒入社し画像認識の研究開発に従事。在職中にイェール大学の客員研究員として画像認識の研究開発を行う。その後、同大の研究機関に転職、医用画像処理ソフトウェア開発プロジェクトのエンジニアリングチームのリーダを務めた。帰国後、外資系ヘルスケアメーカーにてMRIのソフトウェア開発部門にて技術開発/研究開発に携わり、近年はマネジメントに従事。2018年3月にDeNAに中途入社。

川上 裕幸

Hiroyuki
Kawakami

オートモーティブ事業本部
スマートドライビンググループ
グループマネジャー

某大手半導体企業に新卒で入社、DVDレコーダーや携帯電話などの組み込み機器向けSoC (System-on-a-Chip)の開発エンジニアとしてキャリアをスタートさせる。その後携帯電話メーカーに転職したのちにはAndroid端末開発に従事し、システム拡張やプリインアプリの開発をリードする。 2011年にDeNAに入社した後はCTO室を経てグローバルプラットフォーム統括部にて全世界で展開するモバゲープラットフォームの基盤開発を行っていた。その後Mirrativの開発など新規プロダクトの立ち上げに携わった後、オートモーティブにジョイン。安全運転支援Prjのプロジェクトリーダーとして、開発面はもちろんのこと、事業そのものを牽引。