奥村 純

JUN OKUMURA

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

京都大学、東京大学、米ローレンス・バークレー国立研究所にて宇宙物理学の研究に従事し、2014年DeNA入社。データアナリストとしてゲーム事業やオートモーティブ事業のデータ分析に携わり、2016年末よりAIエンジニアに転身。強化学習、深層学習を活用したGame AI研究開発プロジェクトをリード。強化学習コミュニティの運営や書籍の執筆など対外活動も積極的に行っている。共著に『データサイエンティスト養成読本 ビジネス活用編』がある。

香城 卓

TAKU KOJO

ゲーム・エンターテインメント事業本部
Japanリージョンゲーム事業部
第一開発部第五グループ
プロデューサー

ソーシャルゲームディベロッパーを経て、2011年2月に中途入社。Mobageプラットフォームでのソーシャルゲーム運用・開発を経て、2014年よりスマートフォンアプリ「逆転オセロニア」の開発に着手。同タイトルのプロデューサーとして、ゲームアプリ×AIのサービス企画に協力。

甲野 佑

YU KONO

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

2017年4月に中途入社。前職では大学でヒトの意思決定傾向や脳における行動の習慣/階層化過程を組み合わせた強化学習モデルの基礎研究を行っていた。入社以来オセロニアの Game AI 開発に携わっており、学習アーキテクチャ全体の設計と強化学習アルゴリズムの実装、開発などに従事している。

齋藤 謙一

KEIICHI SAITO

ゲーム・エンターテインメント事業本部
オープンプラットフォーム事業部
プロジェクトリーダー

法人向けISPを経て2010年にDeNA入社。 Mobageプラットフォーム開発、オートモーティブ新規事業の立ち上げ、協業プラットフォーム開発を経て、現在は協業先との自動運転事業基幹システム開発に携わる一方で、コンピュータビジョンを活用したスマートショッププロジェクトのプロジェクトリーダーも兼務している。

田中 一樹

IKKI TANAKA

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア
Kaggle Master

2017年4月に新卒でDeNAに入社。現在はオセロニアの Game AI 開発に従事し、開発の全体設計や機械学習・強化学習アルゴリズムの研究開発を担っている。大学時代は電力に関する数理計画法を研究する傍ら、データ分析の大会に没頭し複数大会で入賞。Kaggle Master。

田中 慎也

SHINYA TANAKA

オートモーティブ事業本部
ロボットロジスティクスグループ
プロジェクトリーダー

業務コンサルティング会社にてコンサルタントとして従事。 その後DeNAに入社。ショッピングモール事業のBPR、アライアンスを担当。 子会社モバオクの取締役、ショッピングモール事業部長を経て オートモーティブ事業部の新規事業企画を担当。ヤマト運輸との共同プロジェクトロボネコヤマトを立ち上げる。

村上 淳

ATSUSHI MURAKAMI

AI戦略推進室室長

コンサルティングファームを経て2011年にDeNA入社。IT戦略部部長としてDeNAグループの業務改革を統括し、グループウェア、開発環境、人事管理・経営管理基盤をグローバルで統合。現在は、AI戦略推進室長として全社AI戦略の立案実行と全社のAI活用を推進している。

山田 憲晋

KENSHIN YAMADA

AI本部AIシステム部
部長

大手電機メーカーにて、VerilogでTCPフルスタック実装する等ネットワーク関連の研究開発に従事。2003年 UCLAにてComputerScienceの修士号を取得。 よりユーザに近いサービスに直接関わりたいという思いから2008年DeNAに入社。 モバゲーの開発インフラ、ゲーム開発チームのマネージメント等を担当する。ゲーム運営の中で分析の重要性を肌で感じて分析組織を立ち上げ、現在はDeNA全体の分析基盤及びAIシステムの構築と活用の推進統括をしている。

藤川 和樹

KAZUKI FUJIKAWA

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

大学院では深層学習を活用した文書の特徴抽出・経済指標予測への応用に関する研究に従事し、2014年にDeNAへ新卒で入社。DeNAでは画像特徴を利用した商品レコメンド、オープンチャットの場を盛り上げる対話ボットの開発・運用などに従事し、現在はAI創薬プロジェクトの研究開発チームをリード。

佐野 毅

TAKESHI SANO

ヘルスケア事業本部
ビジネスディベロップメント
ディレクター

大手製薬企業にて事業開発、経営戦略等に従事。アカデミア、商社、VC、IT企業とのオープン・イノベーションの企画・実行を担い、それが縁で2015年にDeNAに入社。「ヘルスケア X IT/AI⇒Delightな新規ビジネスの創生」に汗をかいている。

望月 正弘

MASAHIRO
MOCHIZUKI

システム本部AIシステム部
データサイエンティスト

分子生物学分野で博士号を取得し、前職にてバイオインフォマティクス・IT創薬分野の研究開発に従事。2017年にDeNAに入社し、AI創薬プロジェクトに参画。現在は、ヘルスケアをはじめとする各種事業境域での機械学習の活用に向けた開発を行っている。DDBJデータ解析チャレンジ(2016)、IT創薬コンテスト(2014-2017)等のITとバイオの境界領域のコンペにて受賞複数。

原田 慧

KEI HARADA

AI本部AIシステム部
データサイエンス第一グループ
グループマネジャー
Kaggle Master

数理学博士、Kaggle Master。前職ではコンサルタントとして金融機関向けのデータ分析に従事する傍ら、数学力とデータ分析コンペティションで鍛えた技術力を活かし新規分野開拓、社内外の分析技術者育成に従事。2018年2月にデータサイエンスチームの立ち上げメンバーとして入社、現在はマネージャーとして多くのプロジェクトに関わりながら、個性的なメンバーを率いる。

佐野 遼太郎

RYOTARO
SANO

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト
Kaggle Master

Kaggle Master。名古屋大学大学院にて修士取得後、2015年4月よりコンサルタントとして金融機関を中心としたデータ分析業務に従事。2018年2月にデータサイエンスチームとしてDeNAに入社。また、2016年から社外データ分析講座講師も務めている。

小林 銀兵

GIMPEI
KOBAYASHI

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト

機械学習を応用するプロダクトが得意で誰もが発想しない方法で、案件を達成する事ができる。前職では広告の配信システムや、レコメンド、ビッグデータの分析などを行った。DSチームの属性もありつつエンジニアリングも得意であり、これらを利用して各種サービスの展開に努めている。

大西 克典

KATSUNORI
ONISHI

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

東京大学大学院にて修士取得後、2017年10月にDeNAに新卒で入社。 大学時代はComputer Visionの中でも主に動画関係の研究に従事。主著論文をCVPR2016、ACMMM2016、AAAI2018で発表。現在は横浜DeNAベイスターズのチーム強化への機械学習の活用をプロジェクトオーナーとして牽引。

半田 豊和

TOYOKAZU
HANDA

システム本部 アナリティクスグループ
データサイエンティスト

2010年中途入社。前職はアドテク系スタートアップにて、コンテンツマッチ広告や検索連動広告の配信システムの開発に従事。DeNAではデータ分析による新規事業立ち上げを支援や、AI技術の事業応用をリードするなど、AI技術と事業部を行き来しながらプロジェクトを推進する役割を担う。現在はMOVに参加。プロダクト応用にむけた研究開発のロードマップの策定などを行なっている。

加納 龍一

RYUICHI KANO

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト
Kaggle Master

前職では動画圧縮アルゴリズムの世界標準化活動に従事する傍ら、単身でKaggleに参戦してきた。2018年6月よりDeNAに入社し、広告効果予測コンペでの金メダルや貸し倒れ予測コンペでの金メダルなど、上位実績を収めている。主に、オートモーティブ事業への機械学習活用へ向けた開発を行なっている。

織田 拓磨

TAKUMA ODA

オートモーティブ事業本部
基幹システム開発部
MIグループ

大学院卒業後、鉄道会社にて信号制御、位置検知システム等の設計、技術開発に携わる。2015-2017年にカーネギーメロン大学の修士プログラムにて人工知能の交通分野への応用研究に従事。2017年6月より、DeNAにてモビリティサービスに向けたアルゴリズムの開発を行なっている。

橘 ゆりあ

YULIA (YU)
TACHIBANA

オートモーティブ事業本部
基幹システム開発部
MIグループ

2018年03月にDeNAに入社。ミシガン大学で応用物理(複雑系学)と計算神経科学を専攻し、ニューロモーフィックコンピューティング、ニューラルネットワーク等の研究にも従事。前職では海外の大手地図メーカーにて高精度地図作成やGISのデータ解析の業務に携わる。現在はMOVの需要予測プロジェクトにおいて機械学習モデリングや強化学習を活用した研究開発を担当。

森下 篤

ATSUSHI MORIMOTO

オートモーティブ事業本部
基幹システム開発部
MIグループ

2018年5月にDeNAに入社。前職では次世代DBエンジンの研究開発に従事。現在はMOVにおいて車両データ収集基盤システムの整備や、需要予測プロジェクトの可視化ツール、プロダクト化のサーバサイド開発を担当。

冉 文昇

WENSHENG RAN

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

東北大学大学院にて修士取得後、2017年10月にDeNAに新卒で入社。学生時代NLP, Computer Vision関連の研究をしていた。入社後顔検出の研究開発を担当している。

山川 要一

YOICHI
YAMAKAWA

AI本部AIシステム部

京都大学大学院にて修士取得後、2014年新卒入社。事業状況の変化が激しいゲーム領域の中における分析チームリーダーとしての事業推進/分析経験を活かし、現在はオートモーティブ事業部にて分析業務を推進している。

田口 直弥

NAOYA TAGUCHI

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト
Kaggle Master

大阪大学にて学士を、東京大学大学院にて修士を取得後、2018年4月に DeNA に新卒で入社。 修士にて時系列データ処理を行う Neural Network の構造について研究を行い、入社後はオートモーティブ事業で分析業務を行う傍ら kaggle にも参戦し、精力的に活動している。

川上 裕幸

HIROYUKI
KAWAKAMI

オートモーティブ事業本部
スマートドライビンググループ
グループマネジャー

某大手半導体企業に新卒で入社、DVDレコーダーや携帯電話などの組み込み機器向けSoC (System-on-a-Chip)の開発エンジニアとしてキャリアをスタートさせる。その後携帯電話メーカーに転職したのちにはAndroid端末開発に従事し、システム拡張やプリインアプリの開発をリードする。 2011年にDeNAに入社した後はCTO室を経てグローバルプラットフォーム統括部にて全世界で展開するモバゲープラットフォームの基盤開発を行っていた。その後Mirrativの開発など新規プロダクトの立ち上げに携わった後、オートモーティブにジョイン。安全運転支援Prjのプロジェクトリーダーとして、開発面はもちろんのこと、事業そのものを牽引。

加茂 雄亮

YUSUKE KAMO

AI本部AIシステム部
MLエンジニアリンググループ
グループマネージャー

2013年4月に中途入社。前職では大手自動車部品サプライヤーや大手教育系出版社と先進技術を活用した研究開発業務に従事。DeNAではMobageプラットフォームの開発運用、大規模チャットサービスの開発運用、デザイン/エンジニアリングマネージャを経て、Mobageサービス上での対話ボット導入を企画立案。PFDeNA立ち上げに携わる。現在はMLOpsにおけるシステムアーキテクチャからインフラ,バックエンド,フロントエンドまで一貫した開発担当として従事。

壁谷 周介

SHUSUKE KABEYA

チーム統括本部チーム
戦略部長

一橋大学卒業後、ソニー(株)の本社経営企画部門、車載機器事業部で経営企画・事業企画管理業務を経験。その後ボストンコンサルティンググループで通信、電気機器、電子部品、重工、製薬、音楽、金融等、様々な業界で新規事業戦略、中期戦略、海外戦略、業務改革等のプロジェクトに従事。横浜DeNAベイスターズには初年度の2012年より参画。社長室長兼地域貢献室長、チーム企画室長、ファーム・育成部長を経てチーム戦略部長。チームのデータ・IT活用戦略と外国人獲得戦略を担う。2017年には同部にR&Dグループを立ち上げ、より先進的なデータ・IT活用施策に挑戦中。

河村 佳太

KEITA
KAWAMURA

チーム統括本部チーム
戦略部R&Dグループ

東京大学卒業後、コンサルティング会社で業務改革やシステム導入のプロジェクトに従事。2015年11月に横浜DeNAベイスターズに中途入社。経営・IT戦略部でのマーケティング分析やシステム企画を経て、2016年11月より現職。MINATOシステム、CANVASシステム、VRシステムなどチームが利用するシステムの企画、及びトラックマンデータを用いた分析、コーチ・選手へのフィードバック等、IT・データを活用したチーム強化に従事。

田中 秀幸

HIDEYUKI TANAKA

チーム統括本部チーム
戦略部R&Dグループ

スタンフォード大学にて統計学修士取得後、2016年より大手自動車部品メーカーにてビッグデータを活用した異常検知プロジェクトに従事。2018年より横浜DeNAベイスターズに入社し、データアナリストとして統計的・機械学習的手法に基づいたデータ分析でのチーム強化に従事。

横山 道哉

YUKIYA
YOKOYAMA

チーム統括本部チーム
戦略部ゲームアナリスト

横浜高校からドラフト3位指名を受け横浜ベイスターズに入団。1998年の優勝に中継ぎとして貢献し、その後2004年に日本ハムファイターズに移籍し最優秀救援投手賞を獲得。2007年にベイスターズに復帰し、2009年に現役引退。2010年よりゲームアナリストに従事。

有働 克也

KATSUYA UDOH

チーム統括本部チーム
戦略部ゲームアナリスト

大阪経済大学からドラフト3位指名を受け横浜大洋ホエールズに入団。1993年の横浜ベイスターズ初年度に開幕投手を務め、オールスターにも出場。1997年に中日ドラゴンズに移籍し、2000年に台湾リーグへ移籍。現役引退後は、ヤクルトスワローズの打撃投手、横浜の打撃投手兼ゲームアナリスト、ファーム投手兼育成担当コーチを経て、2017年よりゲームアナリストに復帰。

永田 健太郎

KENTARO
NAGATA

AI戦略推進室
シニアマネージャー

宇宙物理学で博士号取得後、業務コンサルティング会社にてコンサルタントとして従事。その後2009年にDeNA入社。データマイニング、ゲーム事業、海外事業とオートモーティブ事業の立ち上げ等の業務に携わり、現在はAI戦略推進室にてAI技術の社内外での実用推進と新規事業の立案を行っている。

濱田 晃一

KOICHI HAMADA

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

東京大学大学院にて量子統計場の理論(理論物理)の研究で博士号取得後、ベンチャー企業を経て2010年DeNAに入社。ソーシャルゲーム部門のデータマイニングチーム立ち上げ、Mobageプラットフォームの機械学習活用したサービス開発、DeNA全サービスを対象とした機械学習活用したサービス開発、とDeNAでの機械学習活用領域を拡大。各対象に対し、新たな価値ある体験設計から機械学習・深層学習の研究開発、分散アルゴリズムの設計・実装・サービス提供までを実施。最近は、深層生成モデル活用した アニメ生成の技術開発・プロジェクトリード。プライベートでは機械学習実活用の裾野を広げることを目的とした“データマイニング+WEB@東京(TokyoWebmining)”を主催。2010年から約60回のMeet-upを開催し、登録1500人超。著書に“Mobageを支える技術”。

國松 健治

KENJI KUNIMATSU

オートモーティブ事業本部
モビリティインテリジェンス開発部
シニアマネジャー

地図会社にてプローブデータ活用、Mobile Mapping Systemの計測、後処理システムの開発、画像認識ツールの開発、地図編集の自動化ツールの開発、及び自動運転用地図の研究開発、システム開発、新ライン立上げなどを担当。 2018年にDeNAヘ入社。AIを活用した地図関連の開発をリード。

惠良 和隆

KAZUTAKA ERA

オートモーティブ事業本部
モビリティインテリジェンス開発部

2002年から某ゲーム会社にてコンシューマゲーム開発に携わり、多くのタイトルの開発(クライアントおよびサーバー)に携わる。執行役員・技術部長として開発環境構築、ライブラリ開発、フレームワーク構築などにも従事。2013年10月よりDeNAにJoin。モバイルゲームのネイティブアプリ化に伴い、ゲーム開発の基盤整備に携わり、DeNAのネイティブゲームアプリ開発を支える。ゲームエンジン開発からゲームシステムのアーキテクチャ設計、アプリのパフォーマンスチューニングなど、主にクライアントサイドを担当。

秋山 卓也

TAKUYA AKIYAMA

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト
Kaggle Master

2018年8月にDeNA入社。前職の通信キャリアでは、広告配信の最適化や新規事業領域の調査などに従事する傍ら、様々なデータ分析コンペに出場してきた。2018年にSIGNATEの「イベントレコメンドエンジン作成コンペティション」優勝のほか、2019年にはKaggleの「Santander Customer Transaction Prediction」準優勝。現在はオートモーティブ事業部と協力してAIを活用した次世代サービスの開発を行っている。

大久保 渉太

SHOTA
OKUBO

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト
Kaggle Master

Kaggle Master。大学院中退後にニートを経験後、ハローワークの紹介でプログラマーになる。前職ではソフトウェアエンジニアとして働く傍ら、Kaggleで上位実績を収めた。2018年にDeNA入社。オートモーティブ事業やゲーム事業への機械学習活用へ向けた開発を行っている。

矢野 正基

MASAKI YANO

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト
Kaggle Master

2018年11月DeNA入社。Kaggle Master。大学時代はオペレーションズリサーチを専攻し、タクシー割り当て問題やブラックボックス最適化の研究に従事。趣味でKaggleに挑戦してきた。現在はオートモーティブ事業への機械学習の応用に向けた開発を行っている。

松井 健一

KENICHI MATSUI

AI本部AIシステム部
データサイエンスグループ第二グループ
グループマネジャー

SIer、大手通信キャリア、外資系コンサルティングファームを経て2018年11月DeNAに入社。前職ではクライアント企業に対して、データアナリティクスを用いた課題抽出・解決などを行っていた。DeNAではオートモーティブ事業に関する分析業務や、パートナー企業との共同分析プロジェクトに従事。データ分析に関する共著や、ブログ執筆など対外活動も積極的に行っている。産業技術総合研究所 衛星画像分析コンテスト2位入賞。

森 紘一郎

KOICHIRO MORI

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

2005年に電機メーカに入社し、機械学習・データマイニング・音声合成に関する研究開発に従事。2017年にDeNAに入社。AIシステム部において主に音声合成・深層学習に関する研究開発に従事。2002年から人工知能やゲームプログラミングに関するブログを執筆。一番長い専門は音声処理であるが、自然言語処理・コンピュータビジョン・強化学習・認知科学など人工知能に関する分野に幅広く興味を持っている。

橘 健太郎

KENTARO
TACHIBANA

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

2008年より大手電機メーカにて、音声合成の研究開発に従事。2014年より3年間、東京オリンピック向けのプロジェクトの一環として、情報通信研究機構に出向し、音声翻訳アプリの開発に携わる。2017年10月よりDeNAにて、画像・音声生成、音声変換の研究開発を担当している。

武安 利幸

TOSHIYUKI
TAKEYASU

ゲーム・エンターテインメント事業本部
ゲーム事業部Develop統括部デザイン部
デベロッパーリレーショングループ

新卒でコンシューマゲーム会社に入社後、キャラクターの3DCGモデリングを担当しながら、キャラクターデザインやCGディレクターなど領域を広げる。2007年より4年間海外開発を経験。2013年、DeNAに中途入社。ビジュアルオーナーとして『三国志ロワイヤル』のリリース・運用に携わった後、現在は、新規アプリゲーム開発ラインのマネジメントを担当。

山本 修一郎

SHUICHIRO
YAMAMOTO

ゲーム・エンターテインメント事業本部
ゲーム事業部Develop統括部デザイン部
コンセプトアートグループ

モバイルゲームメーカーに入社後、IP、オリジナルタイトルのコンセプトアート及び2Dキャラデザインを担当。サブマネジャーとして管理業務のサポートを経験。2018年1月にDeNAに入社後新規タイトルの2Dアートリードを経て、現在新規案件のアートを担当。

岡村 直哉

NAOYA
OKAMURA

ゲーム・エンターテインメント事業本部
ゲーム事業部 Publish統括部
コンテンツ企画部 部長

コンシューマゲーム会社を経て2011年DeNA入社。入社後はゲーム、EC、新規、スポーツ事業等DeNA主力事業の広報業務、およびゲーム事業でのマーケティングプロデューサーを担当し、現在はメディアミックス推進担当部門を管轄。次世代幹部育成制度「ネクストボード」メンバー。

石田 麻菜美

MANAMI
ISHIDA

ゲーム・エンターテインメント事業本部
ゲーム事業部 Publish統括部
コンテンツ企画部 第一グループ

アニメ制作会社で、映画・テレビ・CMなどにおけるアニメーション作品制作、実写や海外案件など幅広い映像制作を経験。2017年DeNAに中途入社し、現在はアニメの映像プロデュース・企画・製作を担当。

堀田 章一

SHOICHI
HOTTA

ゲーム・エンターテインメント事業本部
ゲーム事業部 Publish統括部
コンテンツ企画部 第一グループ

1986年、東京生まれ。広告代理店やビデオグラムメーカーでアニメーション製作に従事。プロデューサーとして、多くの人気作品を手掛ける。2018年DeNA入社。ゲーム・アニメのメディアミックスに取り組む。

吉田 航太朗

KOTARO
YOSHIDA

AI戦略推進室

2012年新卒入社。IT戦略部にて財務・管理会計システム刷新プロジェクトに従事した後、広告チームに異動し、社内メディアのネットワーク広告を管理するチームのリーダーを経験。現在はAI戦略推進室にて、社内外におけるAI活用プロジェクトの企画、推進を担当。

中嶋 悠介

YUSUKE
NAKASHIMA

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

東京工業大学にて修士号を取得後、2018年4月にDeNAに入社。入社以前にはレコメンデーションシステムの研究開発や、GPGPUで実装されたシミュレーションの高速化、創薬分野の周辺領域での研究に従事していた。現在は実験に利用するソフトウェアの設計開発や実験環境の整備など研究開発の地固めをメインに取り組んでいる。

笹木 陸

RIKU SASAKI

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト

2019年4月にDeNAに新卒で入社。大学及び大学院では航空宇宙工学を専攻し、大規模システムへの機械学習の応用や流体力学への深層学習の応用を行う。現在はAIシステム部データサイエンスグループのメンバーとしてDRIVE CHARTプロジェクトにおいて分析業務を行う。

菅原 悠樹

YUKI SUGAWARA

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト
Kaggle Master

東京大学大学院にて修士号を取得後、2019年4月にDeNAに新卒で入社。Kaggle Master。大学院では化学データ解析に従事する傍らKaggleに没頭してきた。現在はデータサイエンスチームのメンバーとして、DRIVE CHARTプロジェクトにおける分析に従事。

高山 将太

SHOTA
TAKAYAMA

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

2017年4月に新卒でDeNAに入社。学生時代は人物追跡の研究に従事。入社後1年半はアプリ開発に携わり、2018年10月から横浜DeNAベイスターズのチーム強化プロジェクトにて研究開発に携わっている。

岡田 英樹

HIDEKI OKADA

AI本部AIシステム部
AI研究開発エンジニア

東京大学大学院にて修士取得後、2019年4月にDeNAに新卒で入社。学生時代は深層学習を用いた脳波解析の研究に従事。入社後は横浜DeNAベイスターズチーム強化プロジェクトにてCV技術の研究開発に携わる。

鈴木 天音

AMANE SUZUKI

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト

東京大学大学院にて修士取得後、2019年4月にDeNAに新卒で入社。Kaggle Master。大学院では化学と機械学習を組み合わせたケモインフォマティクスを専攻。現在はデータサイエンスチームのメンバーとして、エネルギー事業における分析・開発に携わっている。

島越 直人

NAOTO
SHIMAKOSHI

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト

京都大学大学院にて修士号を取得後、2019年4月にDeNAに新卒入社。 学生時代は、睡眠段階や睡眠疾患の判定自動化を目的とした機械学習モデル開発に従事していた。 現在は、主にMOVチームの一員としてオートモーティブ事業に対する機械学習の活用に向けた開発を行なっている。

大越 拓実

TAKUMI OKOSHI

AI本部AIシステム部
データサイエンティスト

名古屋大学在学中にAIベンチャーを立ち上げ、放送や医療など他業種にて、機械学習を応用するための研究開発に携わる。その傍らKaggleを中心にデータ分析コンペに多数参加しKaggle Masterの称号を持つ。入社後は横浜DeNAベイスターズチーム強化プロジェクトにて、データサイエンスを活用した研究開発を行なっている。

築山 将央

MASAO
TSUKIYAMA

AI本部AIシステム部
MLエンジニアリンググループ

東京大学大学院にて修士号を取得後、2019年4月にDeNAに新卒入社。学生時代はコンピュータビジョン、特にVisual Question Ansewering(VQA)や物体検出の研究に従事していた。現在はMOVのAIチームにて、機械学習アプリケーションの開発と運用に携わっている。

大谷 拓海

TAKUMI OTANI

AI本部AIシステム部
MLエンジニアリンググループ

東京工業大学で自然言語処理を研究し修士号を取得後、2019年新卒入社。2016年IPA未踏事業でスーパークリエータに認定され、2018年IPA未踏アドバンスト事業のイノベータでもある。モバイルネイティブアプリからウェブ系・インフラまで幅広い開発経験がある。趣味はフリークライミング。